遺産分割協議書ってそもそもなに?

遺産分割協議をした場合は、遺産分割協議書を作成しておくことをおすすめします。

被相続人が亡くなると、遺産は、相続人に移転し
また、相続人が複数のときは共有で保有していることになります。


“遺産分割協議書ってそもそもなに?” の詳細は »

公正証書遺言の方法

公正証書遺言を作成したい時、その手順はどの様になっているのでしょうか

遺言を作成したいと思い友人に聞いたところ、手軽にできる自筆証書遺言を進められたが、自分で書いたはいいが間違っていたり、遺言書が紛失してしまったりしないようにしたいので、公正証書による遺言をしたいが、どうすればいいのでしょうか。
“公正証書遺言の方法” の詳細は »

遺産分割協議が出来ないとき

遺産分割協議が進まない、出来ないといった状況の時、調停や審判などの申立てをします

遺産分割協議が何らかの理由でできない時、家庭裁判所にて調停もしくは審判を申し立てます。本来は相続人同士で円満に協議できるのが一番ですが、分割の難しい相続財産ばかりだとか、共同相続人の関係が複雑であったりした場合、第三者の機関を入れることにより、解決へと進めます。
“遺産分割協議が出来ないとき” の詳細は »

遺族年金と相続財産

遺族年金や遺族扶助料は相続財産として遺産分割の対象となるのでしょうか。

歳を経て年金生活の方が多くの年金を支給されていた夫を亡くし、自分だけの年金ではとても生活がなり立たないと心配されるご婦人がいらっしゃいますが、生計を共にしていた配偶者にはその生活を安定させるために「遺族年金」が支払われることは、TVのニュースや新聞などで一度はお聞きになったことがあるかと思います。
“遺族年金と相続財産” の詳細は »

収益物件の賃貸借契約の相続

賃借人が死亡した時その賃貸借契約は相続できるものでしょうか、また、相続が終了するまでに発生する賃料はどの様に請求するのでしょう。

収益物件のアパートを所持しており、そのアパートの賃借人が死亡。複数人の相続人がいた場合、賃貸借契約や、未払い分の賃料などはどのようになるのでしょうか。
“収益物件の賃貸借契約の相続” の詳細は »

相続人の一人に多くの財産を残すには

家業を継いだ子や孫に多くの財産を残すようにした時の相続分割合

相続人が何人かいる場合、特定の人に財産を多く残すにはどうすればいいでしょうか。

例えば、自営業者や農業を営んでいる人などは、その家業を継いだ人に全財産を残したいと考える方が殆どだと思います。
“相続人の一人に多くの財産を残すには” の詳細は »